殺シ屋鬼司令II

世界一物騒な題名の育児ブログです。読書と研究について書いてきました。このあいだまで万年筆で書く快感にひたっていました。当ブログでは、Amazonアフィリエイトに参加してリンクを貼っています。

MENU

読書・書籍

これまで書いてきた読書と書籍に関する記事です。

AI時代の知的生産の技術について

ecosystem 目次 ほぼ日手帳に万年筆で書く愉楽 ユビキタスキャプチャ アナログとデジタルのThin Red Line 動画共有サービスには動画音声を一括で書き起こしに変換する機能があるものもある 機械翻訳 Fixedテクストを電子テクストに即時変換するGoogle lens …

ベルクソン入門や時間入門である以上に、哲学入門:平井靖史『世界は時間でできている』

目次 はじめに まぎれもない哲学入門 『世界は時間でできている』の構成と特徴 自分がつまづいて、いまも頭を捻っている点 凝縮説とクオリア 記憶 人間(神経)中心主義ではないだろうか? 最後に はじめに 平井靖史先生の『世界は時間でできている──ベルク…

アーニャbotが進学校を中心に流行る現象を読み解いてみよう

参考② 高校生で流行する「アーニャbot」は進学校ばかり。知的な営みを楽しめる学力層だけがTwitterに居座り、それ以外の大多数のマス層はInstagramに移行しています。 pic.twitter.com/grF0Y9buKg— 東京高校受験主義 (@tokyokojuken) 2022年7月10日 元スレッ…

寝かしつけ・ねんトレと卒乳のリアル

目次 子供の入眠に右往左往 ねんねトレーニングの本 ねんトレと母乳 現在の入眠ルーティーン 卒乳は突然に 子供の入眠に右往左往 4月頃、子供の寝かしつけをめぐってかなり消耗していました。保育園通園、ならし保育がはじまり、妻も就職を控えて、子供の睡…

【22年6月月替りセール462円】最前線というよりもベースキャンプ 橘玲『「読まなくてもいい本」の読書案内』

目次 知識のビッグバン以前以後 この本の「学問全体」や「最前線」以上の価値……「等身大」 今月(2022年6月)のKindle月替わりセールはこれを推したい。21世紀に読書している人なら常識になっている、進化生物学やゲーム理論、脳科学の主要アイデアをまとめ…

ウクライナの苦境は〇〇から来ているのではないか 黒川祐次『物語 ウクライナの歴史』

目次 総合評価&あらすじ この本の特徴 ウクライナの歴史の特徴 印象に残ったこと 肥沃な穀倉地帯 コサック 隷属の謎 ウクライナをちゃんと知りたいひとにおすすめ 物語 ウクライナの歴史 ヨーロッパ最後の大国 (中公新書)作者:黒川祐次中央公論新社Amazon …

『ガリア戦記』でわかるカエサルの3つの異能

目次 第一のスキル・スピード 第二のスキル・言葉 第三のスキル・土木 追記(突撃橋) ガリア戦記 (岩波文庫)作者:カエサル,近山 金次岩波書店Amazonガリア戦記を読むと、カエサルの持っていた最終兵器が「橋」だったことがわかる。なんかこう、カエサルは手…

『DIE WITH ZERO』のために望んだり叶えたりすることを訓練する

ビル・パーキンス『DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール』読んだ。DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール作者:ビル・パーキンスダイヤモンド社Amazon 「若くて元気で体力があるほうが思い出いっぱい作れるよね」という至極当然だ…

【8/11までKindle 50%ポイント還元(実質半額)セール中】『毛 生命と進化の立役者』は細胞の運動と動物の進化をおしえてくれる

毛~生命と進化の立役者~ (光文社新書)作者:稲葉 一男光文社Amazon 『毛』は、生物の「鞭毛・繊毛」の重要性としくみを解説しています。コンパクトな新書サイズで、生物学の最重要課題のひとつである「うごく」ためのソリューションをめぐってわかってきた…

生まれてはじめて麻雀を打ってみたいひとに『マージャンも打てる!』

マージャンも打てる!~超初心者のための麻雀講座~ アナタも出来る!作者:やまなしレイAmazon 目次 この本の、ここが良かった マージャンを打てると何が変わるか 実際に麻雀を打つ この本の、ここが良かった この本は「打ったことのないひとが打てる」とい…

『LISTEN』大事だと言われるわりに意外にできるひとが少ない「聴く」こと

電車内の広告で目に入った本です。LISTEN――知性豊かで創造力がある人になれる作者:ケイト・マーフィ日経BPAmazon『LISTEN』。潔い題名です。しかもとても分厚い。500ページを超えます。でも、正直「それ、読む前から内容想像できない? 人の話を聞くのは大事…

怒りを手放す

怒りを手放したり克服したりということは大事だとよくいわれる。なぜ大事なのか。どう手放せばいいのか。誰がそんなことを言っているのか。有名なところであれば、アルボムッレ・スマナサーラ長老が上座部仏教の見地から書いた『怒らないこと』シリーズだ。…

大学生は大学の電子書籍コレクション絶対理解しろ

目次 大学図書館は電子書籍へのアクセスを導入している どういう大学でも購読しているのかはわからないが、アクセス方法含めて確認してみましょう 大学図書館は電子書籍へのアクセスを導入している 大学にもよると思いますが、大学図書館で電子書籍コレクシ…

SFは本来かなりナショナルなものか

「三体」シリーズを読み進めている 非常に長い小説だが読み始めると止まらない。いま、『三体III 下巻』を読んでいる。三体Ⅲ 死神永生 下作者:劉 慈欣早川書房Amazon シリーズとしてはこれが最終となっている。もうすこしだ。週末に読み終わるだろう。 そも…

もらってうれしかった出産祝い。教文館ナルニア国「はじめての絵本10冊セット」

目次 えりすぐりの絵本10冊がとどいた 子供1歳時点でのお気に入り しろくまちゃんのほっとけーき きんぎょがにげた 友人に子供がうまれたときにぜひオススメです えりすぐりの絵本10冊がとどいた 子供がうまれたときに妻の友人から届けられた箱。開けてみる…

多細胞生物で生殖・体細胞を役割分担する遺伝子のホモログは単細胞生物で栄養ストレス応答で働いていた

以前コンファレンスで聞いたポスター発表の研究が論文になって出ていました。それでTwitterでリンクを張りました。この研究は界隈でもややマイナーに思われているものですが、実は意義は小さくないし、むしろ界隈の外のほうが読まれるだろうと考えました。こ…

ソースコードやバイナリとしての本

本はそのままでは活かせない。パソコンでもソフトはインストールしないと使えないのと同じである。本は、特に「アイデア」を書いたものは、いってみればソースコードにあたる。自分のなかの経験や知識と照らし合わせながらひとつひとつの文章を自分のからだ…

遠藤雅司『古代メソポタミア飯』

目次 歴史と地理と植物 本の構成 食材の特徴 出汁がおもしろい たのしい細かさ 歴史と地理と植物 わたしは世界史と食と植物のかかわりのことを考えることが実は好きです。それは、これまでに書いてきたこういう記事をみてもらえればわかるかもしれません。no…

あたらしくママ・パパになるひとたちにコウノドリを履修してほしい

目次 いのちの誕生をみつめる産科のドラマ 出産前に何度もよみこんだ 産科医があたらしいママ・パパと社会につたえたいことがつまっている いのちの誕生をみつめる産科のドラマ 妊娠期間中に、コウノドリをよみました。コウノドリ(1) (モーニングコミック…

赤ちゃんのアトピー、予習と事前準備をするには

目次 アトピーに先回りする 専門医の一般向け解説書 医者のえらびかたとつきあいかたから、毎日のスキンケア、投薬、環境整備まで わが家での実践に活かす この本はこんなひとにおすすめしたい アトピーに先回りする わたしはアトピー体質があります。 患部…

G-A-K-K-O-Uを並び替えて辞書順100番目は? ポンコツでも立ち向かう私のシステム2

目次 車内広告でみた問題 大学受験を1万光年はなれたポンコツがそれでも問題にとりくんだ記録 集中砲火 車内広告でみた問題 駿台の車内広告が受験生を応援するメッセージを掲載している。そのなかに G-A-K-K-O-U の6文字を並び替えてできる360個の文字列を辞…

からだは教養。『NHK出版 不調を食生活で見直すための からだ大全』がKindleセールで54%オフ(1/20まで)

先日書店で見かけて久しぶりにセンサーに強い反応があった本がある。ジャケ買いに近いかたちで買った。NHK出版 不調を食生活で見直すための からだ大全NHK出版AmazonそのKindle版が2022年1月20日まで「目標応援セール」と題して50%超の値引きになってい…

村井理子『兄の終い』

兄の終い作者:村井 理子CCCメディアハウスAmazon 目次 疎遠になったまま永遠のわかれとなった肉親を弔う わかれたあともつながっている縁をつたわっていくこころのふるえ しがらみのテンションと、その解放のカタルシス 疎遠になったまま永遠のわかれとな…

等身大の自分をウェブで表現するよろこびにみちびく、いしかわゆき『書く習慣』

書く習慣作者:いしかわゆきクロスメディア・パブリッシング(インプレス)Amazon 目次 駅の本屋でであったこの本はわたしがブログにもどるきっかけになった 気負わない等身大のじぶんを文章で表現していくいきかたをおしえてくれる ウェブでの表現のいっぽう…

【レビュー】映画「風が強く吹いている」。またひとつ箱根駅伝のたのしみかたを知る

年始の風物詩である「箱根駅伝」2022を、ことしはコースにある街でむかえました。また、ことしはもうひとつ「所属する大学のチーム」という視点もできました。キャンパス内で、大学のチームのとりくみを紹介する、大学スポーツ新聞が配布されています。また…

鎌田浩毅『やりなおし高校地学』【2022年1月7日Kindle日替わりセールは終了】

目次 この本の概要 この本をよむとなにがわかるか 印象に残った部分 こんな人にオススメ やりなおし高校地学 ──地球と宇宙をまるごと理解する (ちくま新書)作者:鎌田浩毅筑摩書房Amazon この本の概要 2022年1月7日・日替わりセールで399円(紙の本は1099円。…

「書く」ことそれ自体を解き明かす本『取材・執筆・推敲 書く人の教科書』(古賀史健)

目次 総合評価 92点(名著) この本でなにがわかるか? この本を読んで良かったところ 印象に残った部分 こんな人にオススメしたい 取材・執筆・推敲――書く人の教科書作者:古賀 史健ダイヤモンド社Amazon 総合評価 92点(名著) 著者の古賀史健さんは、ベス…

ほんとうに必要な哺乳瓶の消毒とは?

これまで、調乳と、哺乳瓶の材質について書いてきました。 これらの記事と密接にかかわる、哺乳瓶の滅菌については議論はやみません。ここでは、わたしが参考にしていたひとつの考え方と、わが家での滅菌の実践を紹介します。 目次 そもそも調乳と消毒がセッ…

哺乳瓶はガラスか? プラか? 1年間の体験お話しします

先日の電気ポットの記事に石林グミさんからTwitterでおことばをいただきました。thinkeroid.hateblo.jp哺乳瓶がガラス製かプラスチック製かでミルク冷ましタイムにスゲェ差がつくんだよな……1人目プラ2人目ガラスにしたらガラスの方が冷める速度速くてビビっ…

美容整形のお医者さんになりたいという子供科学電話相談の質問者

冬休みの子供科学電話相談を聞いていた。電話相談では専門家はだしの質問をするような子供がある。 おおきくなったらなにになりたいのかな? この数日のことでは実はない、いつだったか忘れたのだが、そうした子供の懸命な質問に「ほおー」と思って聞いてい…