Inverse PCRに好感触

扱っている遺伝子の周辺領域を決めるために、インバーPCRを試みてきた。
3回やってうまくいかず挑戦する気をしばらく殺がれていた。最初、Ex Taqを使うと、思いっきりバンドが出た。次に、LA Taqを使ったところ、全くバンドが出なかった。3度目も同じだった。
はて、と、よく見ると、サンプルボックスの別の位置からセルフライゲーションしたテンプレートが出てきた。
ハッ、私は、セルフライゲーションする前の断片でインバーPCRを試みていたのか。そりゃあ、増えない。無理、絶対、無理である。経験上、という次元の問題ではない。理論的に不可能である。
きょうは、シングルバンドがピュッと出た。