3時間の夕食

朝起きて、ミクシのひとつのコミュでとてもいやな書き込みを目にし、自分の経験を探りながら自分の日記に長文を吐いてしまい、後悔した。のちにそのコミュからは、いやな書き込みのあったトピ自体が消えていた。
洗濯をした。
はてぶの新着人気エントリに、感情の論理と理屈の論理をわける、というテーマを扱ったあるブログのエントリがあった。文章を見た瞬間に、佳いと感じた。
P氏をはじめとするラボメンバー4人で海賊映画を見てきた。前作を見ていなくてもわかりはするが、見たからといってどれだけ面白くなるかというものでもない映画で、ベタな気が利いていてP氏と笑いまくっていた。声の大きさは無論異なる。
アフターシアターはタイ料理と相成った。サンシャイン通りと60階通りの間にある舌郎の建物、4階にある店だった。グリーンとレッドのカレーをはじめとした料理をあれこれ10品弱頼み、待ったが、来ない。20分おきぐらいに一品ずつ来た。みな暇で仕方なく、最後のほうになるとわたしはもう「これは狂ってる」「俺は狂うぞ」「何かおかしい」と呟きはじめた、笑顔だ。結局夕食は7時から10時前までかかった。味は良い。しかし待たされるから行かないほうがいい。初デートディズニー破局と同じ状態になる。
ハーゲンダァツを喰らい解散した。