殺シ屋鬼司令II

読書と研究について書いてきました。最近は万年筆で書く快感にひたっています。当ブログでは、Amazonアフィリエイトに参加してリンクを貼っています。

全国ママチャリ12時間耐久レース

友人と友人の先輩と私の3人チームで、ママチャリレースに出場した。
私自身は、1周3.4キロのコースを4時間で34周した。大体100キロ強の走行距離である。
会のおおまかな主眼というものがわかっていなかったのだが、家族連れ(ときに「ファミリー」連れ)ばかりだった事を見ると、要は、チャリ好きxキャンプ好きなアウトドア派のお祭りだということだった。
三島由紀夫は、青年の悩みなどランニングすれば吹っ飛ぶ、と言ったらしい。至言である。
いま、いろいろなことがどうでもいい。マルセイバターサンドをどうやって配りたおすかということもはっきりいってどうでもいい。
最も気になるのは、ブヨに喰われた脚だ。ブヨは怖いらしい。喰われた翌日からパンパンらしい。痒いらしい。皮膚科に行くと良いらしい。今日午後にでも行ってくる。