18時間耐久実験

もちろん耐久するのは私のアタマとカラダである。
DynabeadsでのRNA抽出とリバトラのセットまで一気にやってしまうのがおよそ80分(”タッチダウン!”)、90分おきにサンプリングする。休憩は10分である。問題は、耐え抜かねばならないことが明日の夜も続くことである。
もっと問題なのは、この実験が「変化がない」ということを確認する実験(であると俺の中ではほぼ確定している)ゆえである。
修士のうちに一度はやってみてもいいかなと思ったのでこの時期に仕掛けてしまった。