みずみずしい感性

三中師の「拾いもの」の中に、「概念記法++」というブログの、カンブリア大爆発と眼の進化の本をあわせて読んで論じたエントリがありました。
正直にいって、嫉妬しました。その「概念記法++」の作家は、21歳、おそらく学部生なのでしょう。時間もあるのでしょう。それ以上に、みずみずしい感性があります。その作家が専門とするのは生物学ではなく数学だそうです。みごとに、グールドとコンウェイ・モリス、それぞれのカンブリア大爆発本と、眼の進化を扱った本をあわせて、三題噺ならぬ三書噺をひろげています。