野菜ジュース

みんな涙目www
俺も、けっこう野菜ジュースを飲んでいるので気になる。それでとりあえず記事に沿って考えてみたのだ。

野菜ジュースはどれだけ必要量に足りてないのか、と。

元の消費生活センターのPDF(http://www.seikatsu.city.nagoya.jp/test/shibai/yasai.pdf)にはちゃんと、数値データがある。ジュース100グラムあたりと、一本当たりの、カロチン、ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウムね。でもそれぞれの品名は書いてないです。このへん面倒。
で、みてみるわけですよ。今回の新聞記事には、厚生労働省の基準値みたいなのがあるので、それで、商品一本分を百分率してやると、出ます。で、グラフにしたんで見てみてください。1-16が「野菜ジュース」で、17-35が「野菜・フルーツジュース」です。小さいですが。右のほうに寄せてあるのが「一日に取るべき量の野菜」(を使いました)というジュースの類ですね。

みてもらうとわかるんですけど、みえにくいんですけど、キモはビタミン C (VC) と Ca なんですよ。でもVCっていかにも消えやすそうな栄養素だし。2番が、VCの基準満たしてるのが、わかるんですけど、これ、からくりがあって、もとのPDFの表みていると、「Vitamin C添加」ってあるのね。添加したらそりゃいくわな。Caも、摂りにくいというのは周知で、みんな骨とか牛乳とか肉骨粉とか喰ってるわけです。だからこのふたつは、野菜ジュース、ってか、加工野菜の弱点ですよ。それを取り上げて「野菜ジュースは栄養足りてない」って、どんだけどんだけあまりにもあまりにもじゃないの、ッて気もします。いちゃもんみたいなもんですな。
で、他のやつを見ましょう。「野菜ジュース」でいえば、けっこう、カリウム(K)とかマグネシウム(Mg)は、足りてる。カロテンに至っては、「野菜ジュース」でなら、1日の基準量の400%というのもざらにあったりする。グラフでは100%以上は切っています。
「野菜・フルーツジュース」は片手落ちだったりするのですが、これは仕方ない、やっぱり圧倒的に飲みやすいです。おいしい。そして糖分は、目の敵にされがちですが、必要なものでもあります。栄養素を取るか飲みやすさを取るかです。

ミネラル豆乳ダイエット―野菜に含まれるミネラルが効く

ミネラル豆乳ダイエット―野菜に含まれるミネラルが効く

まとめ。

  • Vitamin CとCaは弁慶の泣き所、向こうずねに等しい。その2つの欠乏をあげつらうのはいちゃもんに見える。
  • データを見る限り、野菜だけのジュースはカロテン、カリウムマグネシウムは、けっこう足りているなという印象がある。
  • 野菜と果物のジュースは、1日の量としては力不足ということはあれ、おいしい、飲みやすいので、そのへんは兼ね合い。

なぜ消費生活センターの発表に遅れて朝日新聞が報じたのか

簡単だ。

「飲むだけで栄養素を十分摂取できると受け取れる表示には問題がある」として、消費者団体の主婦連合会公正取引委員会厚労省に実態調査をするよう申し入れた。

追記:魚拓 http://s03.megalodon.jp/2007-1012-1205-25/www.asahi.com/life/update/1011/TKY200710110446.html
主婦連合会」というのが今回の記事の黒幕というわけだな。何ものこれ。google:主婦連合会で、

うわー、キンキンうるさそう!