忘れたくない事をGoogle Calendarでリマインドする

われわれ人間は毎日多くのことを忘れていく。
フられた思い出のように忘れたい事ならよい。だが英単語などは忘れてしまう。TOEICを勉強していた頃はおよそ3000語の単語をほぼ完全に暗記できていたものだけれど、3000語の単語を日常的に運用するという事はこの日本語圏にあっては、まずないことだ。
生きるのがスムーズになるような「指針」のようなことであったり、あるいは書籍の内容・抜粋なども、読み返せば忘れない。しかし、既に読んだ本を持ち歩くのは重い。それに、その習慣自体が確立しにくい。忘れないための習慣を忘れてしまう。こうなると手に負えない。
だったら向こうから来てもらえば良い。
私はGoogle calendarを予定の管理に使っている。Google calendarの「予定の繰り返し」と「リマインダー・メール」機能を併用すると、メモ程度の文章を簡単にリマインドできる。

(クリックして拡大)
ご覧になればお分かりの通り、一週間から一ヶ月の単位でリマインドしている。これを[オプション]の[通知]で[メール]に送っている。私の場合[メール]にはGmailを指定してある。
Google Calendarでは、プロジェクトごとにカレンダーを分ける事ができる。私はここに「リマインダー」というカレンダーを作っておき、ここにリマインダーを集約している。これは普段の予定閲覧時には隠してある。リマインダー送信専用である。
メールはこのように送られてくる。

(クリックして拡大)
読んだらメールは消す。Gmailのように大量の空き容量がある場合は気にしなくてもかまわないだろうけれど、読んで記憶に上げる事が大事だからとりあえず開けてみる。開けて、文章は読まなくてもよい。そのリマインダーを設定したときの「感じ」を思い出せればそれで十分だとも思える。初心忘ルルベカラズ。
私がリマインドしてきたのは以下のようなことだ。

  • 日本語の作文技術・要約版
  • 米国国防総省によるテロリズムの定義(「戦争の経済学」に書いてあった)
  • 「非属の才能」抜粋(でもこのメールの全部は読まない。ざっと目を通して「ああこんなこともあった、あった」と思うぐらいである)
  • 邪気をはずすための心得(天外伺朗の本に書いてあった)
  • リアルタイムロギング(はてブにあった)
  • 次週予定確認(金曜日の深夜になんとなく来週の事を思い浮かべるだけ)