Typoとしての「膣素」

窒素というのは大気圧の5分の4を占める身近なものですが、この漢字を見て「膣」を見出した。
google:膣素
スレやコピペがだらだらと出ている中で、いくつか公文書が出てくる。

[CASE 4] PDF:東北大学で授与された博士論文の要旨


これがおもしろい。たぶん元の書類はデジタルではなく既に印刷されたもので、これをスキャンしたのちOCRしたところ、「カ窒」というのが「膣」と認識されたらしい。
似たような例で、「イムノアッセイ」が「仏ノアッセイ」になったという。「仏ノ圧政」か。まるでそれでは、「聖☆おにいさん」のブッダではないか。

聖☆おにいさん(1) (モーニング KC)

聖☆おにいさん(1) (モーニング KC)

聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)

聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)