メジャーリビジョン

某誌に投稿して以来2ヵ月半音沙汰なし、そろそろ催促せねばいかんかなと思っていた論文の返事が来ました。
レビュアーは2人で、1人はマイナー、もう1人はメジャーリビジョンでした。ショートペーパーで出しているのにメジャーリビジョンしたらショートにならんだろうが。
やりますかね……でもこの実験自体が2年前ので、いろいろ材料も怪しい状況になってきています。怪しいというのは必ずしも不正ということではなく、やはり扱っている材料がナマモノだけあり、経代培養中に徐々に様々な生理的活性が落ちてきてしまうことが多々あります。
修士論文の後半部分にあたります。データは少ないですが、きっちり機能解析をやればかなり面白いことになりそうな分子ですよ、という論文ですね。博士論文にダイレクトにつなげるためにも何とかして出しておかなければいけないが、ううむ、大丈夫だろうかあの人(材料)たち……
博士の研究も順調に、かつ、かなり刺激的に進んでいますが、論文という形にはまだ遠い。