本屋散策

いい商売だな、と思ったのが是等。

幸田文しつけ帖

幸田文しつけ帖

幸田文 台所帖

幸田文 台所帖

幸田文 きもの帖

幸田文 きもの帖

とても読みたくなったのは是。
がんと闘った科学者の記録

がんと闘った科学者の記録

私の百冊 - 殺シ屋鬼司令でも書いたのだけれど、死の淵に立った知識人の言葉が好きでね。合理性の極限という死に向かう、あるいはそこに最接近したときの光景を、それぞれの立場からそれぞれの言葉で書いている。