JETSTREAM時代の多色ボールペン

三菱鉛筆株式会社がJETSTREAMシリーズでボールペン業界に大きな揺さぶりをかけている。何といってもインクの出がなめらかで、線の伸びが抜群に良い。
でも私はJETSTREAMシリーズを買っていない。文具店に行って購入するのはいつもPILOTのfeed GP4*1という多色ボールペンだからである。
[rakuten:the-bunbougu-manyou:10001843:detail]
私は本を読むために、赤・青・緑の多色ボールペンで線を引きながら自分の視界を紙面に刻んでいくことが多い。当然これの影響である。

三色ボールペンで読む日本語 (角川文庫)

三色ボールペンで読む日本語 (角川文庫)

実は、このfeed GPシリーズを知ったのも、この本の前の版である三色ボールペンで読む日本語のほうに、赤・青・緑しかないfeed GP3特別版が付属していたからである。ペン先を出すノックが群を抜いて軽快で、インクの出もスムーズだ。
出先で多色ボールペンを忘れたと思い、小さい文具売場に寄ることがある。そうするとfeed GP4が無いこともあり、仕方なしにuniやらzebraのを買って使う。そこであらためてfeed GP4のすばらしさを思い知ることになった。最近では認知が高まってきたのか、feed GP4を置く売場は随分増えたように思う。
さてJETSTREAMだが、多色のものはないかと探した。池袋西武のロフト(私の行きつけである)には、黒・赤・青の三色しかなかったので、諦めていた。そんなに重要かといえば、そう、重要である、意外と。JETSTREAM(ジェットストリーム) Fシリーズ 3色ボールペン
きのうtwitter上で、黒赤青緑+シャーペンとなったものが伊東屋で千円強で売っているという情報を頂き*2、では同じ伊東屋でも池袋東武ではどうかと、雨のため長靴を履いたまま東武に突っ込んだ。
JETSTREAM(ジェットストリーム) 4&1 (ボール径0.7m)
はたしてそこに件の商品「JETSTREAM 4&1」は置いてあった。大いに期待はありつつ、流行る気持ちを抑えて試した。
結論からいうと、私はJETSTREAM 4&1を買わない。
インクはJETSTREAMそのまま(当たり前だ)、感動的である。4色+シャーペンという多機能にもかかわらずボディはスリムである。
なぜか?
ペン先を出すノック時にノブを押し込むわけだが、このときボディとノブが擦れる、その金属的摩擦が、私の不快感を急峻かつ強烈にスパイクする。JETSTREAM 4&1は高級感とスリム化を両方狙ってであろう、アルミベースの素材を使っている。これが私にとって致命的だった。
黒板を擦る音の不快感というのがある。あれに近い。
こうしたものは慣れるというものではなく、逆に蓄積されるものである。購入したとなれば日常的に使用することとなり、不快感も募ることになる。本を読みたくなくなることさえあるかもしれない。それは避けたいことである。
注意すべきはこれは私自身の生理的な感覚に依っているので、JETSTREAM 4&1の金属的摩擦が気にならない人もいるだろうから、そういう人にとっては素晴らしいと思う。羨ましい限りである。
それでJETSTREAM時代にあっても私がfeed GP4を選択するのは変わらないだろうと思う。
JETSTREAM三色のに黒を緑に換装すればいいわけだが……

*1:名が示すとおり、これは黒・赤・青・緑の4色である。市販のfeed GP3だと、黒・赤・青の3色、いわゆる「シャーボ」型はfeed GP1+1。

*2:感謝 @tricken