配列を練る

気がつくとAlignerでのアセンブルと、BACのスクリーニングを並行してやっていた。
残念なことに、紛れもないシングルタスク人間なのですぐにオーバーフローする。ときどき同時にいくつかやってみると、出来るものの、くったくたになって使い物にならなくなる。それで期末試験の勉強などはいつも苦手だった。院試は2科目(生物学と英語)だったのでよかった。

傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)

傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)

twitterで紹介している人がいて少し立ち読みした。どこかで読んだような論調とタームだなと思うと、その本で展開されているアイデアを盛り込んで商品化したのがであり、こないだから私も愛用している。ということで、なるほど、キズパワーパッドを使い込んでからかな、と思って買うのは止めたが、いずれ書籍のほうも買いたいと思う。傷と感染に関する進化生物学的な話も盛り込んであって読み応えがありそうだ。

キズパワーパッドのいい点

  1. はがれにくい
  2. 防水性が高い
  3. 違和感が少ない
  4. うおのめとかにいい
    • 膿というか、沁みだしてくる組織液を吸い取ってくれる。

今後のスタンダードな傷の手当資材になっていくかもな、と思う。