殺シ屋鬼司令II

読書と研究について書いてきました。最近は万年筆で書く快感にひたっています。当ブログでは、Amazonアフィリエイトに参加してリンクを貼っています。

携帯電話会社のSecurity depositがこわいのでKindleの3Gに

こちらに来るまでは、携帯をiPhone5にしようと意気込んでいた。iOS6の地図も、何の問題もなく表示されるという。
調べてみると、来て間もない(クレジットヒストリーのない)人間には、security depositとして、主要な携帯電話会社では、かなりの金額を預託しなくてはならない。やれやれ。
着いてそうそう、セットアップにかなりの金額をつかっている。Security depositが返還されるとはいうものの、特にいま購入するのはつらい。
でも、それ以上に、勝手知らぬ土地でofflineであるというのは大変心細い。地図もそうだが、何かしら検索をすると便利な機会がある。
そんな折、Kindleが話題になった3週間ほど前に、そういえばKindleの3G回線はどうかと思った。通信全世界無料というフレコミである。
ウェブサイト閲覧の制約がないのは、かなり古いモデルである、Kindle keyboard 3Gだけのようだ。2日ほど悩んで、買った。
どうやら、日本語書籍表示可能として注目されているKindle Paperwhiteの3Gに関しては、ネット接続はAmazon.comが中心で、一般のウェブサイトを3G経由では閲覧できない。Wi-Fi接続に限られる。
Kindle keyboard 3Gのウェブ端末としての使用感はお世辞にもいいとはいえない。Kindle touch Wi-Fiは、Wi-Fi経由でのウェブ閲覧は、概ね「モバイル表示」されるので、まだマシなのだけれど、keyboard 3Gのウェブは、何を間違ったのか「PC表示」されるところが多い。それなりにまともにモバイル表示されるので使えているのは、Gmail, Facebook, Twitterである。それにしても随分文字が小さくなってしまう。あくまで、お守りとして持っているといったところである。
あと、電子書籍も読める。
なお、広告の表示される代わりに安くなるSpecial Offerは、だいたいの感想にある通り、全く気にならない。