殺シ屋鬼司令II

読書と研究について書いてきました。最近は万年筆で書く快感にひたっています。当ブログでは、Amazonアフィリエイトに参加してリンクを貼っています。

デビットカードのSEE IDの意味

土曜日に調達しておいた資金を銀行に預けに行った。そこで、ATMカードと小切手帳が出来ていて以前送付したが未達だったため受け取れ、ということになった。ATMカードはVISAや"DEBIT"と書いてあった。デビットカードになっているらしい。
ATMカードを受け取るときに、裏側にサインをした。その時、銀行員に「シーアイディーを書くんです」と言われた。何のことかわからなかったので、とりあえず署名したらいいのか、というとそうらしいのでカードに署名した。「で、次は?」というと、"SEE ID"と書いてみせてくれた。ID?
いま検索して意味がようやく掴めてきた。
つまり、デビットカードは、引き出しは口座から直接、即座に発効するので、トラブルがあった際の危険性があるということらしい。そこで、署名欄に"SEE ID"と書いてあれば、そこで私がIDを提示することで取引が安全に執行されるということだと理解した。
昼食は冷凍した御飯を持参し、研究室の生活用電子レンジで温めるつもりだった。おかずとしてはカフェテリアで日替りカップスープ(大)を購入すれば1.3ドルなので節約になるという魂胆だった。
いつもは日替りカップスープ(小)0.95ドルと日替りランチ5.25ドル、計6.2ドルを支払っている。およそ500円である。
日替りランチのメニューを見るとアンガスバーガーとあり、これは食わねばと思って米をそのまま研究室の生活用冷蔵庫の冷凍棚に放り込み、結局いつもの6.2ドルと相成った。
前日から仕掛けた実験をひととおりこなして片付けまでしたら夜遅くなった。そのまま眠った。