殺シ屋鬼司令II

読書と研究について書いてきました。最近は万年筆で書く快感にひたっています。当ブログでは、Amazonアフィリエイトに参加してリンクを貼っています。

Apple Numbersを使う

遺伝子のリストの、アノテーション情報を確認するのに、最近ではNumbersを使用している。
Excelだとどれだけセルを大きくしても適当なところで頭打ちしてしまってその後の部分が表示されないのが、Numbersだとセルがかなり大きくなる。セルに格納された文字のぶんは表示されるようである。
iWorkが昨年かメジャーアップデートをしたのがKeynoteとPagesは使いものにならないぐらいダメになってしまった。
バージョンまではオブジェクトを選択してコピーして、Preview.appで「新規作成」をするとクリップボードに入っていたオブジェクトがベクター画像(PDF)として取り出せてもろもろ都合が良かった。
バージョンになってからPNGとしてしか吐かれなくなった。
またPagesの、テキストボックス間をつないでコンテント文章を格納するすばらしい機能も失われてしまった。