ノック式油性細字マーカーペンという最終兵器

私は文房具マニアではない。
世におこなわれる文具を総攬し比較衡量するというような意志は私にはない。
ただ、ゆきあった文具のうちで、あ、これはいい、と思うものを使っているだけである。
そういうふうにして、ボールペンはジェットストリームを使い、ハサミはコクヨスーパーグルーレス、メモはコクヨ野帳、紙の貼付は多くの場合コクヨドットライナーホールドを使う。
要するに局所最適で、満足している。
実験サンプルのラベリングに使ってきたのはマジックインキのHi-fine 0.5であって、インクの出はよく、強く、ペン先も耐える。非常に良い。
ただこれも難点があった。ペン先にキャップがはまるもので、キャップの開け閉めは片手では困難である。
「ご使用後はコチンというまでしっかりキャップをしめてください。」
とある。実際、コチンというまでしめないと、インキが干上がってしまって使い物にならなくなるという現実がある。
実験中に、片手で操作したい需要が、頻繁にある。願わくは、ノック式でペン先の出し入れが、出し入れができればできればいいなと思っていた。
先日、ふだんいくスーパーで文房具売場をながめていたら、ノック式の、細字油性マーカーペンを見つけた。こちらでは一般的な油性マーカーのブランドのSharpieのものである。
さっそくひとつ求め、実験に使っているのだがこれが尊い……
http://www.sharpie.com/enUS/Pages/retractable-ultra-fine-marker.aspx
研究の効率が2%向上するという感想を持った*1

*1:個人の印象です