殺シ屋鬼司令II

読書と研究について書いてきました。最近は万年筆で書く快感にひたっています。当ブログでは、Amazonアフィリエイトに参加してリンクを貼っています。

紙の日記に空欄が空いてしまう、ということを書くウェブ日記

2017年から紙の日記を使い始め、2018年以後はほぼ日手帳を使っている。
10月に入ってにわかに予定が立て込んで、紙でも書けなくなった。あまり大したことが書けるわけでもない。
近頃の大きな出来事で書けることといえば、家にプロジェクタを買った。

プライムデー周りで安くなっていたのか。家で大画面で映画が見たい、と妻が言う。調べてみると、1万円以下でも、それなりのものがあると知った。流石に、壁面に寄せて、真下から投影するのを眺めることができるタイプ、すなわち「短焦点型」は、5万円はする。これは躊躇してしまったが、1万円以下だと気軽だ。
DVDを借りてきてMacBookで見たり、前に買ったけどTVを廃棄してしまったので放置してたFireTV stickを見ることもOK。ステレオ的には無茶苦茶だけど、カーテンの裏のコンセントにひっそりと佇んでいるEcho Dotに、Bluetooth接続してサウンドを出すと意外と良く鳴ってくれる。それもこれも引っ越して、「壁」ができた。これまでは、大きな「壁面」スペースが家になかった。それが、押し入れが大きく、部屋も多くなって、大変壁面が大きく見えている。これを活用したいと言うことで、私はもっぱら、最近読んだある海外の小説の影響で、坐禅を壁に向かっておこなっている。