殺シ屋鬼司令II

読書と研究について書いてきました。最近は万年筆で書く快感にひたっています。当ブログでは、Amazonアフィリエイトに参加してリンクを貼っています。

2010-11-22から1日間の記事一覧

大著

博士論文は大著というイメージがある。先行する研究を余すことなく咀嚼し消化し、自らの研究活動をそこに位置付け、自分自身の意義を理由とともに主張する。 林尹夫『わがいのち月明に燃ゆ (ちくま文庫)』という戦死した戦中の学生の日記にも、大著を書かね…