英会話は英作文じゃない

英会話の練習をするひとは、はじめは単文を並べることからはじめてみることを提案したい。 いきなり関係代名詞のような複文を使おうとすると、「Lv1なのにバハムートを召喚しようとしてMPが足りなくなる」ような状況に陥る、と思う。 まずは、初級のワザをス…

男性も不妊治療? 精液検査は重要! 保険適用の手術で改善することも

……などという、泡沫バズまとめサイト系のような題名で始めてしまったが、実際重要なことである。 ※以下とりあえず「妊娠してもいいと思っているカップルの男性は、まだやってなければ精液検査がとても重要」というかたちでの「ブライダルチェック」の重要性…

映画「ボヘミアン・ラプソディ」

連休に一泊二日の二人旅に出て、夕飯をたらふく食べたあと、かねてから観ようと申し合わせていた「ボヘミアン・ラプソディ」のレイトショーに入った。今住んでいるところでは、普段はレイトショーは、終電が困難であることがあるため、観ない。しかし旅先で…

電気ポットで沸かした湯で一杯抽出型ドリップコーヒーをうまく淹れるコツ

一杯抽出型コーヒーをよく利用する。キーコーヒー ドリップバッグ グランドテイスト 甘い香りのモカブレンド 7g×18P×2個出版社/メーカー: キーコーヒーメディア: 食品&飲料この商品を含むブログを見るドリップコーヒーの1回分が不織布の小袋に包装されていて…

今年は『薔薇の名前』を読み切ることができた

ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』を読み切ることができたのは、自分にとって今年比較的大きな達成だった。薔薇の名前〈上〉作者: ウンベルトエーコ,河島英昭出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1990/02/18メディア: 単行本購入: 11人 クリック: 197回この…

京のかたな展を見に行ってきた

「これだけの展示はもうない」という声もよく聞かれる。それはともかく、量に接するのは単純に楽しいということで気負わず観ても楽しいのではないかと思う。

更新をしていなかったいいわけ

さみだれ式に中規模なことがあって優先順位をうまく組み立てられないでいて、それでこのブログの更新も遅れている。 日記は主にてもとの、紙のほぼ日手帳に書いているということもある。なかなか自分の人生のすべてを公開するというのもできない。 この2週間…

ラーメンの天使

さる9月1日に、ラーメンを食べることをやめることになった。 我慢するのでもなく禁止されたのでもなく、ただやめる。そう決めたから食べない。 自分の人生からひとつのカテゴリーが消滅する。そういうことはこの人生、ないわけではない。 人が死ねばその人と…

はてなダイアリー終了に際し移設予定地を確保した

既に一度はてなブログは作ったのだが開店休業状態だった。 新しく作ってみることにした。まだデザインは何も変えていない。 ここにはてダをインポートする予定でいる。はてダ→はてブロのインポート機能は同じことを考えている人が多いのだろう、受付が停止さ…

文庫本

手元に『風の歌を聴け』の文庫版がある。盆休みに実家から持ってきて今日読んだ。 昔のメモをひっくり返して確認すると、初めて読んだのは2002年3月であった。大学1年の終わりだ。 文庫本を背表紙の根本から開いたうえでその背表紙に正確に合わせてカバーを…

#プリトレ アンイーブンスクワット

アンイーブンスクワットに取り組んで一ヶ月になる。 これは、下半身の進展運動であるスクワットシリーズの7番目のステップだ。 それまで両脚を同時に対称に運動して上下させてきたのを、ここからは左右を分離して片脚で身体を持ち上げられるように鍛えていく…

習慣

はてなダイアリーに書く習慣を継続して2週間が経過した。 更新を再開したことには、何かを伝えたいという思いが明確にあったわけではなかった。ただし、いまやはりブログ(ダイアリーだけど)を書くのがいいかもしれない、という内心の突き上げがあった。 た…

CotEditorをアウトラインプロセッサとして利用する

このところ作文をしていた。 ざらっと書き上げてみたが流れの据わりが良くなかった。ストレスなく文章の順番を変えたいなと思って頭に浮かぶのはアウトラインプロセッサである。Macで使えるアウトラインプロセッサのことを久しぶりに検索してみた。 そうする…

ZOZOSUITが届いた

春にZOZO SUITSZOZOSUIT*1の改定のニュースがあって、どのようなものかを知った。 ZOZOSUITはオンラインアパレル販売小売のZOZOTOWNが、顧客に自社製品を自動でフィッティングさせるために一元的に計測させるアーキテクチャである。黒い全身タイツに白い水玉…

Apple LED Cinema Displayの消灯

自宅にはApple LED Cinema Display (2011)がある。 作業効率はかなり良く、映画を観るときは画面も広く音も良いので、良い。 かつてのメインマシンであったMacbook Air (Mid 2011)をつなげて使っている。電源も供給してくれる。 しかし、週末に突如画面が点…

Evernoteの再構築2018夏を振り返る

部分的に書いているが、このところEvernoteに真面目に取り組んでいる。 職場と家のMacのEvernoteのデータを再構築した。 職場のマシンはMacbook Pro (2017年購入)、家のマシンはMacbook Air (2011年購入)である。後者をもともと使っていたのを、バックア…

百均VRゴーグル

セリエで、ダンボール製VRゴーグルを買った。108円だった。 Twitterで、半年間VRチャットをしていたら視力が良くなったという発言を目にしたのが直接のトリガーになった。 段ボール製のものが安く手に入るということは知っていたが、100円均一にあるとは知ら…

イタリアでは朝10時を過ぎたらカプチーノを飲まない

Twitterにmixingaleがイタリア人の食習慣のことを書いていた。イタリア人的にボロネーゼにスパゲティーニを使うのは絶対にありえないらしい。「どれぐらいありえないかっていうと夜にカプチーノを飲むのぐらいありえない」そうなのなのだが、その喩えがどれ…

アマチュア無線のハンディ機の形は20年間どう変わったか

私は小学校の終わり頃と中学生の時にアマチュア無線に興味を持って、3級免許まで取った。 親にねだって無線機を買ってもらった。ハンディ機である。形状と名称の記憶を頼りに検索すると、アイコム製IC-W21だったようだ。 もう20年間触れていないし、サイズ感…

借金玉ライフハック本を読んだ

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術作者: 借金玉出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版発売日: 2018/05/25メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る借金玉ライフハック本は発達障害を題に掲げていて、そういう診断がある人でな…

とりあえず、暑かった/勉強会のプロデュース

最初は良かった。 あれ? 日本の夏ってこんなに過ごしやすかったっけ? とさえ思った。2年前に日本に帰るまで、アメリカの中西部は必ずしも(それこそカリフォルニアのような)過ごしやすい気候ではないものの、日本の蒸し暑い夏から比べれば決定的だった、…

Evernoteのノート移行自体はできたものの……

サブアカウントを作成して退避させた。これでノート数を1万強も節約することができた。しかしその際になんらかのミスがあったか、アプリケーションが応答しなくなって強制終了したせいか、Evernote for macが同期をやめなくなってしまった。近日中に、このma…

映画を2本観た

昼にご飯を食べていると喫茶店で映画がかかっていた。入店したときは最後の方で結末まで行って、もう一度最初から再生された。リトル・ミス・サンシャイン (字幕版)というロードムービーだということがわかった。米国の家族の物語だが、メンバーの皆が崖っぷ…

Evernoteの総ノート数に上限があることを知った

2010年から使い始めたEvernoteは、現在94,000ノートある。 論文の保存とウェブのクリップに使っているほかに、Twitterの自分の発言やfavなどをIFTTTで流し込んでいたためにこの数になっている。事実、研究の知識保管をEvernoteにほぼ一元化している。 きょう…

低温でステーキを焼いた

ステーキを焼いて食べた。とてもおいしかった。水島弘史思想*1に従って焼いた。とはいえ、あの思想にはいくつかバリエーションがある。今回は牛脂を貼り付けてオーブンする方法は取らなかった。単純に言えば牛脂を手に入れ忘れた。オーブンはおなじみ温度調…

焼きそばUFO

ペヤングとU.F.O.はどう違う? カップ焼きそば6大定番を達人が徹底比較! - 価格.comマガジンの記事に完全にノセられて、夕食をUFOにした。 アメリカにいる時に謎のインスタント焼きそばを食べた気がするが、日本ではかなり久しぶりだ。 蓋をあけると「#キャ…

今更ながらiPad Pro+Apple Pencilで自炊本を読む

6年前にネットで知って興味を持って買って渡米するときに自炊してiPadのGood Readerに入れたまま積んでしまっていた『森林飽和』を読んだ。森林飽和 国土の変貌を考える (NHKブックス)作者: 太田猛彦出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2012/07/26メディア: 単…

ハンバーグと塩加減

昨日はひき肉を解凍してハンバーグを作った。 水島シェフの弱火*1・塩分0.8%調理にコミットしている。強火をやめると、誰でも料理がうまくなる! (講談社+α文庫)作者: 水島弘史出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/11/01メディア: Kindle版この商品を含む…

ウィ・アー・ザ・ワールドを知った頃

1985年、アメリカのポップ音楽スターが集結して、アフリカ飢饉のためのチャリティ・ファンドレイジングのために「ウィー・アー・ザ・ワールド」という曲をレコーディングした。 曲とその由来をはじめて知ったのは、中学校の時だったと思う。音楽の時間に、若…

初めての宝塚

ひょんなことからチケットを2枚手に入れ、人生で初めて宝塚の公演を観た。 西の方に出かけたのも久しぶりだ。宝塚は熱心なファンの女性が多いということは前々から知っていた。 京都も、阪急の駅にはあちこちにポスターが貼ってある。いちど観てみたいという…