殺シ屋鬼司令II

読書と研究について書いてきました。最近は万年筆で書く快感にひたっています。当ブログでは、Amazonアフィリエイトに参加してリンクを貼っています。

「つらつらと」

つらつら、というのは、気の向くままに書いている雰囲気があるようで、よく日記の題字の下に「つらつらと思うことを……」のように書いているものがある。
まちがいだと俺は認識している。つらつらというのは、けっこう必死こいて書いている雰囲気だとどこかで読んだが、忘れた。
私が日記を書くときにときどき心がけていたのが、「言葉を尽くす」ということである。人が理解できるようにというのは、あるていどは考慮する。ただ、そこではなくて、主眼はあくまで自分である。自分が自分で読みなおしたときに、かいたじぶんがなにをかんじ、かんがえていたのかをふくげんできるだけのことばをのこすということである。あるいは、いまだ考えの至らない段階にあって、言葉を尽くすことによって次のステップを目指すと言うことでもある。