鍼灸二回目

7時ごろ起きたか。朝、研究室に来て見ると、きのう大腸菌ストリークして入れておいた恒温室の電源が切れていた。軽くキレた。もっとも、大腸菌は死んだわけではないから、37℃に設定しなおして夕方まで待った。鍼灸に行った。LB-Cmを10枚作った。
昨日出たシグナルのBACをストックから起こした。BACライブラリは-80℃の超低温冷凍庫に収めてある。BACライブラリアン*1である私は凍傷を防ぐために合皮の手袋をはめ、目的のプレートを取り出すときは「ダイブ!」という気分になる。
夜は論文図表及びその対応する本文・説明文を作った。こういうことがかなり時間を食う。画像編集ソフトを使っていると、遊びたくなる気分も出てきていけない。日付が変わる頃は、或る自分の写真の背景を消していた。
その深夜、西海岸にメールを打って眠った。案の定、返事はすぐに来ていた。

*1:バクティリアル・アーティフィシアル・クロモソーメの集合体(メガストラクチャ)……BACライブラリを扱う人間のことを、私はそう呼んでいる、私の中で。