本日の論文渉猟

  • Dobzhansky 1973 American Biology Teacher
    • 系統樹思考の世界』の文献リストを手がかりに検索したところ、もとの記事は出なかったが、なぜかコピー版がいっぱい出回っていたので、そのうち1つを印刷して読んだ。
  • Nishii et al. 2003 Cell
    • 喫緊の論文書きに向けて、身近な著者の既出の業績から当たってゆく。

なぜかしばらく英語が頭に入らない時期があったが、いろいろの読書の中でまた慣れてきたし、ドブジャンスキー論文は非常にオーソドックス(そして論文というよりもアヂテーションに近かった)だったから、ガッと読めた。