バクテリア由来遺伝子aphVIIIがクラミドモナスで使える

  • A Streptomyces rimosus aphVIII gene coding for a new type phosphotranspherase provides stable antibiotic resistance to Chlamydomonas reinhardtii.
    • Sizova et al. 2001 Gene

Streptomyces rimosusというバクテリアの遺伝子であるaphVIII (a.k.a. aphH) に、クラミドモナスの遺伝子の5'-/3'-をつないだDNAを作って、細胞と混ぜてぐちゅぐちゅしたら、DNAがクラミドモナス核ゲノムDNAに取り込まれ安定した、というのが大筋の読み方である。
ところで、以下の一文を読んでいただきたい。
"Chlamydomonas reinhardtii is capable of photoautotrophic growth on pure mineral medium and can be readily cultured in large quantities and to high cell densities even in the absence of light."
どういうことかというと、
「明るくても暗くてもクラミドモナス」
ということだ。