寝たまMacBook Air

朝、目が覚めたのは5時頃で、窓から屋外の鳥の啼き声が目覚ましになるぐらい、大きい。
MacBook Airの画面表示を回転させてベッドサイドテーブルに安座させ、ベッドに横になって、枕に頭を載せて横を向くと腰の上のBluetoothキーボードと腰の横のMagic Trackpadで操作できるようにしてみたが、極めて良い。

Mac OS X Lionでラップトップの画面を回転させるのは非常に簡単で、システム環境設定で、「OPTION+COMMAND」同時押ししながら項目【ディスプレイ】をクリックすると、隠しドロップリストの回転項目が出てくる。回転したら、確認を求められるので、15秒?以内にOKを押せば使えるようになる。それで私は90度回転させて使用している。
これで朝からPDFを幾つか閲覧して朝食をした。これで原稿をすることもある。