殺シ屋鬼司令II

読書と研究について書いてきました。最近は万年筆で書く快感にひたっています。当ブログでは、Amazonアフィリエイトに参加してリンクを貼っています。

いつわりの二択

目覚めたのが10時で、身支度が済んだのが12時半だった。
この時点で「研究室で作業をする」というのと「どこかのスタバかタリーズで本を読む」というのが今日のタスクになっていた。
プランA: まず研究室に行って作業を進め、夕方から池袋に出てジュンク堂で本を見てスタバに入る
プランB: まず池袋に出てジュンク堂で本を見てスタバで本を読み、夕方から研究室で作業を進める
さてどちらにしたものか、と悩んでしまった。
「まずジュンク堂に行くか、まず研究室に行くか」という二択である。
5分ぐらい頭を捻っていたのだが、ふと、自分の頭の中の二択が「まずジュンク堂に行くか、まずジュンク堂に行くか、まずジュンク堂に行くか…」という無限ループになっているのに気がついた。こうなるともう、最初から腹が決まっていたのは明瞭である。ジュンク堂に行く。それだけだ。
それでいま、池袋行きの電車の中でこれを書いている。