博論後のホリデーシーズン

先週、博論を事務に提出いたしまして、本審査の委員である先生方(副査、と呼ばれる教授・准教授陣です)にも、書き上げて仮製本した博論を提出乃至送付しました。1/20の本審査会、アチラ風に言えばディフェンスですが、乗り切ればドクターです。
さて浮かれていられるはずもないのでありまして、四月からの保証がある点で恵まれていますが、そこに向けたカードをいまから切っていかなければならない。

  • テーマの詰め
  • 研究資材
  • ビザ
  • 未公刊データの投稿
  • on-goingのプロジェクトを進める
  • これまでに埋められていないデータの穴
  • プレゼン準備

正直、いまは論文が読みたくてたまりません。暫く根詰めて書いていたのと、その中でどうしても勉強不足を痛感する、そしてしかも直ぐに公表していないデータを投稿することが求められている状況がある。ここにおいて、できること=すべきこと=したいことは一致して、論文を読む。