殺シ屋鬼司令II

読書と研究について書いてきました。最近は万年筆で書く快感にひたっています。当ブログでは、Amazonアフィリエイトに参加してリンクを貼っています。

そういえばプログラミング

や、最近、そろそろ本腰入れて始めよっかなって思ってるの。
小学校のころBASICでPC-8801で遊んでいて、参照していたのは小学校の図書室と、近所の市民センターの図書室のプログラミングお遊戯本だったわけ。記憶媒体が何にもないから困ってたんだけど、ある日、小学校への通学路のクモンの隣に、ゴミ捨て場があって、朝、学校に行く途中、データレコーダー(テープ式)が置いてあったわけさ。で、俺はそれを拾って、いろいろとプログラムを記録したりしたけど、結局、釘打ち込むプログラムだか、そんなあたりで飽きた。やることねえもの。
そのあとは時々大学に入ってプログラムみたいなことをすることもあった。けど、別のものや、既成のもので間に合っていたから、自発的には全然やってなかった。こういうのはちょっと後悔している。
頭のどっかで思っていたのは、結局「やればできる」という悪魔の言葉だったな。やる必要がないからやらんのだ、と。それがいまは、現にDNA配列のちゃかちゃかで必要になりつつあって、ささちょっとやってみようか。