あえて消耗品の節約を考えない一人暮らし

東京に戻ってきてしばらく、外食の選択肢があるので自炊をしなくなってしまったが、ときどき自炊をする。
アメリカにいた頃もすこし自炊をした。
私は自炊によらず家事にニガテ意識がある。部屋も散らかりがちである。
そういう状態だと消耗品を使い切る前に引っ越し、などという状況が往々にして発生した。
ということは、消耗品はちゃんと消耗したほうがいいな、と思った。使い捨てのものはちゃんと使ったら捨て、次に使う時は新しいものを使うほうが、再使用にかかるコストを免除されて、いいのだろう。
ゴミ出しの日にあとちょっとはいるからゴミ袋が節約できるなどと考えず、ゴミ出しの日は諦めてきちんとゴミを出す。そういうひとつひとつの判断を「しない」ようにすることが重要な気がする。
食材にしても、恥ずかしいことに使い切れないことが多い。で、そういうときは、使い切る努力もしてみてもいいが、それとは別に、「即捨てる」という選択肢をちゃんと持ち、時には行使してもいいのだという認識を持つことは精神的にラクになる。